夏は、この曲であろう。12日目

構成・鎌田浩宮

エプスタインズ。
2021年7月21日で、創刊11周年。
それを記念し、連載企画を開始です。

運動会やってるテレビを消せば、鳥の声が聴こえる。
セミたちが、歌声を自慢している。
夜中でも、カエルくんたちは田んぼで合唱だ。

夏だ。
ああ、たまんない。
夏だ。
間違いなく、夏だ。

夏と言えば、あの曲。
夏に欠かせない、あの曲。

市井の人から
著名人から
北の人から
南の人から
海外の人から
「夏は、この曲であろう。」
という曲を伝えてもらう、

チョー大型連載企画ですよ。

本当の夏を、すごそう。
本当に、夏をすごそう。

12日目
トランジスタ・ラジオ
RCサクセション

青と夏
Mrs.GREEN APPLE


文・表参道が好き

こんばんは!

一曲では済まないので、 最初の一曲。

RCサクセション
トランジスタ・ラジオ

そうなんです。
寝転んでたのです。
渡り廊下で、
高校生のわたしは
親友と
そんな夏。

まわりの友達が、
授業を受けている時間に
空を見上げて寝転んでいた、
あの夏。

わたしが
今のわたしになりかかっていた
夏の歌。

二曲目
Mrs. GREEN APPLE
青と夏

朝起きて、
家族のお弁当作って、
洗濯物干して、
みんなの朝ごはん作って、
洗い物して
出勤前に部屋掃除をしている時に、
ちょっと歌っちゃいながら
ノリノリな夏の歌
元気モリモリで出勤ソング。

自分で見つけたわけではなくて
中1だった頃の娘が歌っていて
教えてもらった歌。

あなたの「夏は、この曲であろう。」を募集します。こちらから送信して下さい。本名の掲載はちょっと…であれば、ペンネームでもOKですぞ。

こんばんは。
貴女の鎌田浩宮です。
12日目の今日は、表参道が好きどのの選曲でした。
やっとこさ、女性はお3方目。
嬉しいです。

彼女はエプスタ随筆大賞受賞者で、その後のエプスタ日記大賞で審査員も担って下さいました。いつも協力的な方で、本当に嬉しいです。

RCサクセションのファンは、僕より年上の世代がメインなんです。ライヴに行くと、分かるんです。さらに、彼女は僕より3歳ほど年下なのかな?この時期は目まぐるしくって、RCが日本のロックの頂上にいつつも、シングル盤で大ヒットを連発…というわけではありません。

そんな中、デビューしたての爆風スランプが1985年に「無理だ!」で人気をかっさらっていき、ザ・ブルーハーツが1987年に「リンダリンダ」でぶっちぎっていく。しかし僕や下の世代で、コアなロックファンでない層は尾崎豊の「卒業」(1985年)に惹かれていき、ポスト歌謡曲「ONLY YOU」(1987年)辺りを契機として、BOØWYが浸透していくんですね。同時期の女性ヴォーカルについては、6日目にお喋りしました。

そんな中で表参道が好きさんが、RCサクセションを挙げてくれたことは驚きであり、非常に嬉しくもありました。そのことを彼女に聞くと「高校時代は、男子が『雨上がりの夜空に』を合唱していた。RCは、バンドやってる子、漫画や映画、ファッション好きな子に通じていた。一方王道はドリカム、筋少、米米だった」 ですって。筋肉少女帯が人気の高校、よいではありませんか。

夏は、この曲であろう。


開会宣言 名無シー
1日目 Hot Fan in the Summertime 鎌田浩宮
2日目 Hello,my friend 重藤優子
3日目 白いカイト 野嶋俊男
4日目 虹 セイシロウ
5日目 Late for the Sky 長山和夫
6日目 夏が来た! 柄澤國博
7日目 いつか風になる日 大嶋悟
8日目 コズミック・サーフィン Mr.サマータイム てっちゃん
9日目 BIG UP 喜楽屋笑太
10日目 California Girls hoitoo
11日目 サマージャム’95 波よせて 梨乃
12日目 トランジスタ・ラジオ 青と夏 表参道が好き
13日目  Saudade Louca 名無シー
14日目 熱帯夜 りえだたき
15日目 NA Do Do 洪愛舜
16日目 Summer Goddess ひのみか
17日目 夏をあきらめて つつしみ深美
18日目 Mambo Sinuendo 出口信一
19日目 相馬盆唄 杉本紀男
20日目  Moe ‘Uhane (Dream Slack Key)  松麿健夫
21日目 ひき潮 柄澤國博
22日目 Where The Boys Go 小原浩靖
23日目 Till I Die 鎌田浩宮

2021.08.04