要キャプション。

弐千弐十弐年乃御挨拶似候

今年は寅年!猫年ではないはず!

2018年から翌19年にかけて、同い年(当時50歳)の友人が2人亡くなった。やり残したことの有無に関わらず、急にある時点で活動が強制終了となる。自分も9回裏が終わりゲームセット、試合終了だと思った

ライターの仕事も辞めた。毎日が隠居生活になり、暇になった。今まで素通りしていた物事が、目につくようになった。地元三軒茶屋の駅そばに、高層マンションが2棟建つことを知った。商店街の理事長と情報交換するようになり、建築主・スターツCAMによる第1回説明会の開催を知ったのが、2019年11月。

評論家の芹沢俊介さんはかつて、中学校の頭髪自由化といった市民運動に参加していた。僕は試合終了の身ではあるが、1つくらい社会のためになって死にたいとも思った。一部の僕の友達は、仕事や私生活で社会貢献にいそしんでいるのに、僕はなまけていた。音楽や映画を作ることで、社会に対し表現すればいいのだと思っていた。

建設予定地周辺に住む方々の、不安を聞かせてもらった。世田谷区役所、マンション問題に長けた法律事務所、ビル風や駐車場の専門家や大学教授、区議・都議らに協力を仰いだ。スターツCAMへの様々な交渉は、営業マンとして民間企業に約9年勤めた経験が、役に立ったつもりだ。

遂につぶしがつかなくなって、就職した。33歳。東京は用賀、株式会社イーソク。この齢じゃ誰も雇ってくれないだろうと、工場スタッフ求人に応募したのだ。面接での仕様もないペラッペラな僕の喋りを「営業職なら雇ってやる。嫌なら帰れ」と社長。

頭ペコペコ、営業マン。世界中で最もやりたくない仕事だった。しかし、2001年当時は大不況。ほぼ初就職の30代が、仕事を選べる世の中ではなかった。それからリーマンショックで会社が傾くまで、外回りで靴をつぶした。得意先も社内の上司も、僕より年下だ。僕のような馬鹿野郎に、沢山のことを教えて下さった。

53歳の隠居初老が、よせばいいのにマンション問題に首を突っ込み、ストレスで眠れない日が多くなった。営業マンの頃に戻ったようだ。そこに、新型コロナウイルスが出現した。昔からの馴染みである地元の店々が、閉業の危機となった。

2020年4月に、店々を支援するクラウドファンディングを起ち上げた。金銭が集まらないというストレスは、こんなにも苦しいものか。経済的な理由で自殺に追いやられる人の心理を味わった。「コロナ太り」という現象を報道で知って、がく然とした。俺、どんどんやせているぞ。

しかし、ここでも営業マンの経験が役に立った。企業を回り、支援金を募ったのだ。結果として、クラウドファンディング終了後も継続して店を支援下さる、貴重な企業と出会うことができた。その会社のおかげで、ある店は閉業をまぬがれた。その企業のおかげで、僕の目的も達成できたのだ。社長、心からお礼を申し上げます!

隠居初老は、東京新聞をよく読むようになる。東京新聞以外は物足りなくなる。2019年11月、紙面で知った公開授業にお邪魔する。都内、とある朝鮮学校。子供達の笑顔がたまらない。日本人の支援者・先生方・オモニの会の方々で構成される「友の会」へ参加、支援に携わらせてもらうことに。

ライター仲間を頼り、新本書籍・古本・CD・DVDを集め、これまでに134点を寄贈できた。コロナ明けには、子供達と会えるかな。すごく楽しみ!ライター仲間の皆さん、心からお礼を申し上げます!

隠居初老は、平日の昼間に遊んでくれる人がありがたい。友達のお母さんの何人かが独り暮らしをしているので、ここぞとばかり遊びに行く。昼から呑む。多めに作った料理を、タッパーに詰めて渡す。クラウドファンディング参加店のテイクアウトを、手土産に渡す。秋田は横手の果物を、送りつける。

僕の親世代は、70代後半から80代半ばだ。認知症も大きなテーマであるけれど、親の暴言癖がひどくなり苦しんでいる友達も多い。実は、僕もその1人である。母とは1年以上、会うのを避けている。

新聞を読めばすぐに分かる通り、こうした問題は家族間だけでは解決できないと思った方がいい。近所の人々や自治体やNPOの助けがなければ、耐え切れないほどの負荷が子供にかかる。「いや、昔は解決できていたじゃないか」という意見もあるだろう。昔は多くのケースで、3世代同居。嫁が、その負荷を一身に受けていたのではないか。

僕は、気ままなものだ。ただの、ご近所さんだ。ビールのついでにレモンサワーのお代わりを企んでいるような輩だ。ワクチンを接種した理由の1つは、友達のお母さん、マンション問題で接するご高齢の住民、「友の会」に集う方々に、僕が摂取しないことで生ずる余計なストレスを与えないためだ。体良く、レモンサワーをくすねるためだ。

僕がもう少しなまけ者でなければ、僕の貴重な友達に倣って、若い頃から色んなことができたかも知れない。でも、もう遅い。強制終了となるならまだしも、痴呆がペラッペラ進んでいくのだ。来年は、こんな御挨拶さえ書けなくなるかも知れないぞ。

2022年 元旦
ウェブマガジン改めブログ・エプスタインズ非代表取締役社長・鎌田浩宮

2022.01.01

だいろくへ、お贈りしました4

写真・文/鎌田浩宮

四たびだいろくへ、
本をお贈りしました。
これにて、計88点の贈呈を完了!

2年前からの、お付き合いになります。

2019年。
35年愛読している東京新聞にて「とある朝鮮学校にて、公開授業と焼肉交流会があるどー!」という記事を見つけ、伺ったのがきっかけでした。あの日は、本当にいい1日だったなあ。(その日のこと、ここに書きました)
1800ミリリットル、朝鮮学校公開授業

その後、校長先生に取材を申し込んで、たっぷりお話を伺い、記事にしたのでありました。
ダイロクでおしゃべり 第1回

ダイロクでおしゃべり 第2回

ダイロクでおしゃべり 第3回

誰でもできることから、やってみるのはどーだろーか。


校長先生とお喋りをして、今すぐに目に見える形でできること、しかも誰もが簡単に参加できることはないだろーかと、バカな頭で考えまして。
「そうだ。本やCDやDVDを集めて寄贈してみてはどーだろーか」
僕の住む都内では、時折北朝鮮に関する映画の上映会もあったりして、集まった数百人のお客さんに呼びかければ、結構な数が集まるど!と、鼻息荒くしたんです。

だがしかし!
予想もしていなかった、コロナ。そうした上映会も延期・中止となり、これじゃ校長先生に合わせる顔もないぞ。再度、バカな頭で考えました。

友達のライター・編集者に声をかけ「お前さんとこで出しておる子供向けの本、ちぃと譲っちゃくんねえか、知り合いの出版社にも頼んでくんねえか」とお願いをしたんです。

したら、集まりましたのなんのって。その方のお子さんまで、本やDVDをご寄贈下さいました。皆様、心からお礼を申し上げます。これまで3回に分け贈呈し、記事にしたのでありました。

だいろくへ、お贈りしました

だいろくへ、お贈りしました2

だいろくへ、お贈りしました3

だいろくは、塀が少ないんです。そして、お花が咲いてます。

久々に、会えました。
嬉しかったなあ。


2020年8月・10月・11月と定期的に続いていた書籍・CD・DVDの贈呈でしたが、しばらく子供たちを感染から守るために、学校を訪問しお渡しすることを控えておりました。現在だいろくでは、保護者の方々の来校も控えてもらっているとのこと。

あまりにも間が空いてしまったんですが、今回は学校のそばにある施設にて、校長先生に本をお渡しすることになったんです。

2021年7月10日、土曜日。
暑い。
梅雨明けしてないが、気温33℃。

この日は僕が参加している「だいろく友の会」と、PTAに相当するオモニの会(お母さん方)・アボジの会(お父さん方)が初顔合わせし、何かお困りのことだとか、お悩みのことなどを、聞かせていただくことになっていました。 なお「だいろく友の会」は、僕のような日本人が集まって作った、だいろくへの応援団体です。

久々に皆さんと会えるので、楽しみにしていました。普段は家で仕事をしてるし、新しい人と出会う場も少ないし、若い人と会う機会、すんごく少ないし。

全員で20名ほどだったんですが、3つのグループに分け、1時間以上もお喋りをしました。いろんな話を聞けて、とってもよき企画でした。

子供たちも親御さんも、もっと日本人の友達がほしい。でも、なかなか勇気もないし、機会もないし。子供たちに日本の童謡を知ってほしいし、ひなまつりだとか、楽しい風習も体験させたい。

学校は予算も乏しく、保健室も図書室もプールもない。カナヅチの子が出てしまうんですね。近くでプールを貸してくれる学校、ないかなあ。夏は蚊が入ってくるんだけど、網戸の設置にも費用がかかります。国は援助してくれないもんなあ。

オモニが連れてきた、1歳の赤ちゃん。皆話し合いに夢中なので、校長先生が膝の上に赤ちゃんを乗せ、ニコニコ顔であやしています。ああ、いい学校だなあと思いました。

いっぺんに考えると、頭、こんがらがります。
なので、できることから、ちょっとずつ。
やっていこうではありませんか。

今回の贈呈は、港の人から。
ん?港の人?


この度書籍をご提供下さったのは、鎌倉は材木座海岸の波打ち際に(本当に海が近い)オフィスを構える出版社・港の人。マエカブとかアトカブとか(有)もない、 カッチョイイ社名。

詩集をメインに敢行。それぞれの装丁がとってもよくって、 東京TDC2012​特別を受賞したりしています。ケーハクな僕は、中身さておきデザインに魅かれて買い漁ってます。ジャケ買いです。

社長の上野さんにお願いして、エプスタインズでも港の人の本を販売させてもらっています。ここ、クリックしてみて下さい。

今回の寄贈図書リストでござんす。
全て、新刊をご贈呈いただきました。

祈り  金時鐘
目であるく、かたちをきく、さわってみる。 マーシャ・ブラウン
法廷通訳人 裁判所で日本語と韓国語のあいだを行き来する 丁海玉
短編小説をひらく喜び  金井雄二
窓辺のこと  石田千
惑星  片山令子
書物の宴  大石嘉美
生きとし生ける空白の物語  姜信子 絵・屋敷妙子
ホロホロチョウのよる 四月と十月文庫 2 ミロコマチコ 

出版社は全て、港の人。

校長先生、全ての本を真っ先に読んで下さってるそうです。どんな本がやってくるのか、楽しみにしながら。一部の本は、授業の教材にもして下さっているそう。本当に嬉しいです。

これにて88点の書籍・CD・DVDを寄贈できました。まだまだやっていこうと思います。お手元に寄贈できそうな書籍などお持ちの方、ご連絡下さい。


途中で通る、旗の台駅からの空。

2021.07.12

アグネス/agnes

曲名
「アグネス/agnes」

作詞 
グリニサ・イミン・ギュルハン
レヒム・ヤスン・キャイナミ
アブドレシット・エリ
ペルハット・トルソン
鎌田浩宮

作曲・演奏・歌
鎌田浩宮



逢いたいと 想う 想う 
闇が濃い 夜の 色
永遠の悲しみ

アグネス
アイバン
ジョシュア
ウィシュマ
アグネス

並木道を 行く 行く
君が 目的の地
君は愛しい人

アグネス
香港
ウイグル
ミャンマー
アグネス

君がいない世界は
物語さえない
乾いた石の上の
魚の会話のよう

おおい ここだよ ここにいるよ

アグネス
香港
ウイグル
ミャンマー
ウィシュマ

君がいない世界は
物語 さえない
永遠に続く 
作者の見えない芝居

道はもうないと言う
敗北を 信じない
道はもうないと言う
敗北を 信じない



引用したウイグルの詩

ウイグル新鋭詩人選詩集-芽生えはじめる言葉たち-
2017年・左右社

以下、引用した詩の一部分を抜粋しました。

グリニサ・イミン・ギュルハン
「炎のなかにいる女」

逢いたいと想う 想う さらに想う
闇が濃い夜の色
ああ 君の懐で死にたい
永遠の悲しみと記されれば良い

並木道を私は行く
君の心が目的の地
私を連れて行け 君の懐で命を落とそう
私は君の 君は私の 愛おしい人よ

レヒム・ヤスン・キャイナミ
「君がいない世界に」

私に残されたものは
君の夢の中の太陽
君の爪の菫色
天と地の間
君がいない世界には物語さえない
乾いた川の石の上に坐る魚の会話を除いて

アブドレシット・エリ
「勝者」

私たちは遠のいていく
肉体は君たちと一緒
道はもうないと君たちは言う
私たちが敗北したことを信じない

ペルハット・トルソン
「無限」

彼は何故自分が暗殺されるのか分からない
彼を暗殺する人もその訳が分からない
彼も理由も分からないまま人を暗殺する
暗殺の起源を誰も知らない
未来永劫に渡って続くことになる
人々は己が演じた劇の監督を永遠に見いだせない

liner note

おもちゃの鉄琴・ギター・ケンガリ(朝鮮のドラ)・二胡・ホイッスル・ピアニカ・ベースギターは自宅で演奏。ドラムズのみ、スタジオノア三軒茶屋にて。僕はドラムズを叩けないので、スネア・キック・ハット・タムの順で個別に叩いて録音しました。

2021.06.23