要キャプション。

続々々々々々々々・無縁坂の尋ね人

文・K.Mさん
構成・鎌田浩宮

人探しもする、
エプスタインズ。

国語塾講師
船橋(ふなはし)俊一
を探す。
連載、
9回目。

Hirokophoneさんの次に
投稿してくれた女性
K.Mさんが
また投稿してくれました。

読んでみたら
いいじゃないか。

 

 

 

 

また同志ができましたね。

お仲間の中では私が生徒として最年長ですね。

私は15歳の時に先生に出会いました。

その後25歳で結婚するまでは、何かしらの関わりがありましたが、それ以降は年賀状のやり取りだけでした。

今現在私は58歳なので、先生は70歳近くになられていますね。

今回のM.Nさんが一番新しい記憶をお持ちということになりますか?

ご家族で親交があったということで、その後の先生に繋がる何か情報をまた思いだしていただけるかもしれませんね。

期待してしまいます…。

私が城南学習指導協会・大橋教室で出会った頃の先生は、何かに心折れたような、時折遠くを見ているような、周囲の大人の人とは少し雰囲気が違うなぁ…なんて少女の目にも映っていました。

テスト用紙の脇に

「言葉の獲得って先生言うけど意味わかりません…」
「祈ればいいの?」
「人間ってやぱり一人ぼっちって絶望的…」etc。

なんて走り書きをした覚えがあります。問いかけしたかったのだと思います。

先生はそんな私にそっと八木重吉の詩集を手渡してくださったり、文芸誌の一部をコピーして、読んでごらんと渡してくださったり。
ご自分でも『雪崩』という同人誌を作っていて、何号かまでいただきました。

『分け入っても分け入って青い山』  山頭火の俳句を葉書きに書いて送ってくださいました。

本当に色々な意味で精神の核を作っていただきました。

今回のM.Nさんのメールで、先生ご自身が年齢を重ねられた事もあるかとは思いますが、生徒達との交わりの中に 正しい厳しさと温かさを感じます。

先生の奥深い眼差しを思い出しました。

鎌田さんがこうして発信してくださったからこそ、誰とも分かち合えなかった事柄を 私的には言葉として表すこともでき、共有しあえる喜びを感じています。

感謝です。

追伸

大学時代、仏語の家庭教師を私の自宅で先生がしてくださっていたので、実家の母も先生のことを良く存じ上げております。

80齢を過ぎた母はこう申します…

『無理やり人を探してはいけないよ。貴女の中に先生は生きているのだから。私は、貴女を産んだけれど、先生が貴女の心を育ててくれた、私はそう思っているから。』

お会いしたい気持ちと、求める気持ちの狭間みたいなものに、訳分からなくなるときあるんですよね…

今日は飲んで寝ます。

でも孤独な人間は、他者との思いの『共有』によって、力を得られると信じています。

本当に変なおばさんでごめんなさい。


2017.11.04

続々々々々々々・無縁坂の尋ね人

文・Hirokophone
構成・鎌田浩宮

三軒茶屋にあった塾
城南指導協会
梶ヶ谷にあった塾
北部進学セミナー
で国語を教えていた
船橋(ふなはし)俊一先生
を探す連載。

以下、
その道程。

無縁坂の尋ね人

続・無縁坂の尋ね人

続々々・無縁坂の尋ね人

続々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々・無縁坂の尋ね人

前回、
北部進学セミナー
に通っていた生徒と
そのお父さんから
投稿があり。

それに反応したのは
この連載のきっかけとなった
最初の投稿者
Hirokopohoneさん。

先日、
投稿してくれた。

お読み下さい。

 

 

 

 

おはようございます!朝からめちゃくちゃテンションが上がっています。

やっぱり船橋先生のことを気にかけている肩が少なくないようですね。そしてやはりでましたね→<可愛い子にはえこひいき>。ウケます!

塾がなくなる、経営が変わる事件とありますが、確かに私がいた学協をやめて北部進学セミナーを立ち上げた時に、経営母体の名刺をもらった記憶がありました。

ローマ字3文字の会社名(これじゃなんの手がかりにもならない!)で、確かもう一人一緒にやっている仲間がいると言っていて、先生いつだか仕事でちょっと香港に行くと言って、せっかくなのでって当時香港に単身赴任していた私の父に現地で会って飲んでるんですよ。

もしかしたら私たち生徒が知らない別の顔があるのでしょうか〜。

それにしても先生、本当にどこで何をしているんでしょうね。


2017.11.03

続々々々々々・無縁坂の尋ね人

文・M.Nさんとそのお父さん
構成・鎌田浩宮

人探しもする、
エプスタインズ。

1980年代、
三軒茶屋は
現・キャロットタワー付近にあった
城南学習指導協会。

この塾では
小中学生を対象に
二口(ふたくち)先生や
後藤先生を始め
とてつもなく面白い先生が
沢山いたのだが、
その中の1人、
船橋俊一(ふなはししゅんいち)先生
に関して
またもや投稿が。

フナセンは
城南学習指導協会を辞めた後
神奈川は梶ヶ谷2-7-17 パークハイツ梶ヶ谷B104にて
北部進学セミナーを設立。
子供達を
教えていたのだ。

以下、
お読み下され。

 

 

 

初めましてこんばんは。
突然のメール失礼いたします。
神奈川県大和市在住の来年40歳(S53)になるものです。
結婚をする前は川崎市高津区に住んでましたので小学校低学年から中学二、三年生ぐらまで梶が谷2丁目の梶が谷第一公園前の北部進学セミナーに通ってました。

昨日、北部進学セミナーに通ってた時の夢をみて何気無くネットで調べてみたところこのサイトにたどり着きました。
当時の記憶が曖昧で申し訳ないのです、箇条書きで書かせて頂きます。

1、
当時は塾長の国語の船橋先生、英語の渡辺先生、巨漢の三枝先生、いつも眠そうな志村先生、眼鏡を掛けたスラッとした福永先生、渡辺先生の彼女の砂川先生?が居ました。他の先生方も居たと思いますが記憶がありません。

2、
私の4つ上の兄も北部進学セミナーの生徒でした。

3、
小学生低学年の時、船橋先生、私、同級生の女の子(小学生時代6年間好きだった子)3人で授業をした記憶があります。この好きだった子の姉も兄と同級生で塾生でした。

4、
船橋先生は可愛い女の子の依怙贔屓は良い意味で激しかった。いつも布団叩きを持っていて、問題に間違えると尻を叩かれてました。

5、
入口すぐ右が先生たちの部屋、3つ教室があり、一番奥がトイレ

6、
季節は忘れましたが、先生方、生徒で八ヶ岳?泊まりで旅行に行きました。
その時に三枝先生のカメラで動画や写真を撮りました。

7、
塾の近くに現在はコジマですが昔はドアーズ(ホームセンター)の2階のボーリング場に先生方と遊びに行きました。

8、
目の前が大きな公園ため、春に花見をした記憶もあります。

9、
私の父親の仕事場が北部進学セミナーと階数違いの同じマンションだった為、父親は船橋先生と仲が良く、飲みに行ったことがあったそうです、また母親とも仲がよかったです。

10、
私の家族が当時の北部進学セミナーの先生方と仲が良かったため私と兄は特に可愛がって頂いたような気がします。

ここも曖昧ですが、中学二年生か三年生のときに、北部進学セミナーが潰れるまたは経営者がかわる?の事件がありました。
結局、船橋先生にはお別れの言葉も言えず、25年近くが経っております。

父親にこのサイト情報を見せましたが、懐かしいな~船橋先生は今何処にいるのかと言っており、当時のことを思い出しとても懐かしがってました。

船橋先生、先生方に当時のお礼をしたいですが、情報もなく長い月日が経っております。
何か船橋先生の情報があれば教えて頂ければと思います。

乱雑な文面、誤字脱字をお許し下さい。

宜しくお願い致します。

M.N

 

M.Nさんのお父さんからも
お便りをいただきました。

 

はじめまして
梶ヶ谷在住のNと申します、
私は北部進学セミナーの真上の部屋204号室を事務所(昨年末に閉鎖)として、あのマンションが建てられた昭和56年から昨年まで使っておりました。
我が家の息子二人(現在43歳と39歳)も小学高学年から中学一杯まで通っておりまして大変お世話になりました。
下の息子がネットで見て私に船先のことだねと知らせてきましたので私も拝見いたしましてメールを書きました・・・
その後の消息は知りませんが中々の男気のある人物との記憶があります。

 

 

先生という職業は
寂しいものです。

卒業生が今なお
慕ってくれる事はあまりなく

音信不通になってしまい
繋がりはなくなってしまう。

しかし!
ものの考え方や
人格形成において
すくすくと曲がる事なく
ここまで来られた…
今の自分は
先生なしでは考えられんのです。


2017.10.29