要キャプション。

続々々々々々々々々々々々・無縁坂の尋ね人

文・Mさん/hirokophoneさん
構成・鎌田浩宮

人探しもする、
エプスタインズ。

城南学習指導協会及び
北部進学セミナーの
国語塾講師
船橋(ふなはし)俊一
を探す。
連載、
12回目。

以下、
その道程。

無縁坂の尋ね人

続・無縁坂の尋ね人

続々・無縁坂の尋ね人

続々々・無縁坂の尋ね人

続々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々々々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々々々々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々々々々々々々・無縁坂の尋ね人

もはや、船橋先生を知らない人までもがこの連載を読み、未だ会ったことのないこの先生へ、既に出逢ったかのような既視感を覚える。
思い出そうとして、忘れられない。
忘れようとして、思い出せない。
そして、遂にフナセンの声が発掘され、エプスタインズ誌上にて公開。

今回は、音源を聴いた先生の教え子からの、反響をお伝えする。
まずはMさんから、その次はhirokophoneさんからだ。

 

 

ありがとうございました。
聴くことができました。
お元気な先生でした。

鎌田さんと同じ感覚もあります。

『この声は、まがうことなく先生のものだ。ただし、僕が先生に出会った頃は、この声が録音される前だ。当時の先生は陰鬱で、覇気がなかった。その漆黒に僕は魅かれていったのだが、この録音の中の先生は生き生きと子供達に接していて、学校の先生よりも先生らしい。』

私が初めて先生にお会いしたのは25歳の時だったと記憶しています。

先生はまだ自分探しをなさっていたのでしょう。

当時私は教会にいっていましたし、先生も神様については色々とご自分に引き付けて考えられていたように思います。
聖書の御言葉を引用したお手紙もありました。
神様の話や仏様の話もしてもらいました。

時折それにさえも疲れたように、厭世的な言葉をポツンと独り言のように授業の中でも言ってと記憶しています。

『人は全き孤独の中に在る』のだから、十字架を背負って自分自身が自分自身を生きていくしかない、って。
想像するに、やはり光と闇が交錯する何かがあったのかもしれませんね。

でも、今回の先生の声はとても明るく、何よりも子供たちの声が先生の存在の深さ大きさを教えてくれますね。

来月は、先生のお誕生日がきますね。

またご連絡いたします。
本当にありがとうございました。

Mより

 

すごいですね!音声!さっそく聞かせていただきました。
先生だ(泣!)それもものすごく生き生きとしている!リピートして聞いてしまいました。
音声を提供してくださった中山さん、そしてこうして聞けるようにしてくださった鎌田さん、本当にありがとうございます。

鎌田さんがおっしゃっているのと私も同じで、これは紛れもなく船橋先生なのですけれど、私の記憶もやはりもう少しダークサイド寄りですね(笑)

私自身は北進には通ってないのでおそらくお会いしたことはないと思うのですが、こうして中山さんのお父様ともお近づきになっていたり、ご近所の方と仲良しだったりと、ダークサイドのイメージな船橋先生は思いのほか社交的な面もあったのだなとあらためて思いました。

つい数日前、私も北進の前を意味もなく通ったんです。
あの公園の前を、こうして船橋先生を思ってふと立ち止まる人が時々いるなんて、密かなるスポットですね!

hirokophoneより


2018.01.24

川澄奈穂美ファン感謝祭

撮影・鎌田浩宮

2018年1月14日(日)
TKP東京駅日本橋カンファレンスセンターにて

 

東日本大震災があって、被災者のために頑張るとか、被災者への励みになればとか、そんな風に言うミュージシャンやスポーツ選手がいた。
だが、僕の胸には響かなかったし、偽善的に見えた。
2011年のドイツワールドカップで優勝したなでしこジャパンは、そういったことを声高には言わなかった。
だが僕は、3月11日以来初めて震災の苦しみを忘れ、夢中になって応援できた事を覚えている。

僕は、1人は皆のために、皆は1人のためにという言葉が大嫌いなのだが、なでしこジャパンには、そういった押しつけのチームワークがない。
チームプレーが楽しくて仕方ない、という喜びが溢れている。
それだけで、いいのだ。

僕はなでしこジャパンのファンになり、なでしこリーグの試合を観るようになった。
その中に、川澄奈穂美さんが、いた。
INACのクラブハウスへ、練習を観に行った。
練習後、即席のサイン会になった。
驚いた。
なほさんと数人の選手は、サインを書く時「ありがとうございます」と言うのだ。
それは、この日の感謝祭でも変わっていなかった。
なほさんは「よろしくお願いします」と、言葉を付け加える時さえあった。

ドイツで優勝した彼女達の多くが、女子サッカーの人気がなかった時代を経験している。
だから彼女達は「いつかこの人気が途絶えてしまうかも知れない、だから危機感を持っていなければならない」と話す事がある。
なほさんにもそうした思いはあるのだろうけれど、なほさん自身に元から備わっている性格によるところが、とっても大きいんだろうなあと思っている。


2018.01.22

続々々々々々々々々々々・無縁坂の尋ね人

写真/文・M.Nさん
構成・鎌田浩宮

人探しもする、
エプスタインズ。

城南学習指導協会及び
北部進学セミナーの
国語塾講師
船橋(ふなはし)俊一
を探す。
連載、
11回目。

以下、
その道程。

無縁坂の尋ね人

続・無縁坂の尋ね人

続々・無縁坂の尋ね人

続々々・無縁坂の尋ね人

続々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々々々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々々々々々々・無縁坂の尋ね人

もはや、船橋先生を知らない人までもがこの連載を読み、未だ会ったことのないこの先生に魅かれていく。
善良な人間では、ない。
極悪非道でも、ない。
そして、フナセンを取り巻く人物の、登場。

そして今回は、親子で投稿を下さるM.Nさんからの、新たな投稿だ。
そしてその父から、驚きの提供が。

 

掲載内容を読ませて頂きました。

小学3年生の双子の姉妹は記憶にないです。
年代が不明でわかりませんが、私の年代では双子で通ってる塾生は居ませんでした。
一個上、一個下の年代でも居なかったような気がします。

また母からの情報ですが、事務パートで永野さん?長野さん?と言う女性が居て、当時は親しかったそうです。
私も名前を聞いて思い出しました。
当時は家も近所でした。
3年ぐらい前にお友達がこちらに居るとのことで道ばたで偶然会ったそうです。
きっと事務パートって何人も居ないですよね。

右一番手前が旧北進の場所です。
現在は何かのアンテナSHOPでしょうか。
左一番奥は旧スナックDです。

道路を挟んで目の前が、春になると綺麗な桜が満開になる梶ケ谷ではちょっと有名な公園です。
先生方と花見をした思い出が蘇りました。

宜しくお願い致します。

M.Nより

 

そして、
ついに。
この声を、
聴いてほしい。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

↑  ↑  ↑  クリックして下さい。

船橋先生と生徒たちの声

度々ご投稿下さるM.Nさんのお父さんは、効果音などの制作に携わる仕事をなさっていた。
その関連で当時、船橋先生の声を録音なさっていたのだ。

僕(鎌田浩宮)がこの声を聞いた時、ノイズのないあまりに素晴らしい録音状態なので、懐かしさよりも、自分の記憶の中の先生の声と完全に合致したことに驚いたのだった。

先生に国語を教わっていたのは中学2年の頃だったのだが、その年齢の記憶というのは、声などの音声に関しても、鮮明に脳裏に焼きついており減衰しないものだという事が分かった。

この声は、まがうことなく先生のものだ。
ただし、僕が先生に出会った頃は、この声が録音される前だ。
当時の先生は陰鬱で、覇気がなかった。
その漆黒に僕は魅かれていったのだが、この録音の中の先生は生き生きと子供達に接していて、学校の先生よりも先生らしい。


2018.01.20