要キャプション。

1986年12月24日(水) 交響曲第九番

文・鎌田浩宮

僕はイスラム教徒だから、
クリスマスは知らない。
サンタクロースも、
プレゼントを運んじゃ来ねえ。
来るといっちゃあ、
奴等はラマダンでさえ、
知ったこっちゃねえと
空爆をかましやがる。
だから僕らとしても、
クリスマスに
テロをかますまでさ。

 

でも、忌野清志郎が歌うんなら、別さ。
彼の歌は、宗教なんぞ、軽く飛び越えてみせる。
国境なんぞ、人種差別なんぞ、軽く飛び越えてみせる。
ベートーベンの曲だって、ゴスペルに変えちまう。
いや、待てよ。
ゴスペルはアフロアメリカンが日曜に教会で歌うものだ。
だからここはやむを得ず、ゴスペルではなく、ソウルと言った方がいい。

キヨシローが歌う、ソウル・クリスマス。
2016年、世界中が宗教間戦争と移民排斥に溢れ、日本じゃ戦争法案が可決し、南スーダンの自衛隊が殺される目前で、米軍と日本政府が沖縄をレイプし続け、原発は再稼働し、福島の子供達はいじめられる。
そんな時に、キヨシローのソウル・クリスマスが鳴り響く。

キヨシローが歌うと、乾いた荒れ地に水が流れ始める。
本当さ。
キヨシローの歌は僕にとって、生きるに欠かせない水そのものさ。
するとどうだ、水は荒れ地に染みこみ、草が生え、動物達が戻ってくる、実が成って、鳥がついばみ、種を運ぶ。
さらに、音楽は高らかに鳴り響く。
愛と平和は素晴らしいものだと、鳴り響く。

それは、止まらない。
決して、鳴り止まない。
日本が戦争になろうとも、その音楽を止められやしない。
胸の中には、常に鳴り響く。
忌野清志郎の歌が、鳴り響く。

 

 

エプスタインズ、これまでのキヨシロー関連記事です。

清志郎行きつけの店で献杯する

再び清志郎行きつけの店で献杯する

玉音ちゃんradio 第15回「忌野清志郎ロックン・ロール・ショー」

2009年5月2日(土) すべてはALRIGHT(YA BABY)

玉音ちゃんradio 第8回「仲井戸“CHABO”麗市特集」

玉音ちゃんradio 第13回「チャボの2012年」

玉音ちゃんradio 第14回「きよしちゃん」

玉音ちゃんradio 第18回「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」前編

玉音ちゃんradio 第19回「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」後編

玉音ちゃんradio 第20回「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」本編

矢野顕子、忌野清志郎を歌うツアー2013を観る

1987年12月24日(木) 交響曲第9番

1985年12月24日(火) きよしこの夜

みたび清志郎行きつけの店で献杯する

忌野清志郎ロックン・ロール・ショー 渋谷公会堂 Love&Peace

ラストデイズ「忌野清志郎×太田光」を観て

よたび清志郎行きつけの店で献杯する

忌野清志郎ロックン・ロール・ショー渋谷公会堂2015


2016.12.24

2013年2月20日(水) 「卒業」からの卒業

写真/文・鎌田浩宮

僕は、あっちの世の中では、3度目の高校に通っている。
あっちの世の中とは、寝ている時に見る夢の世界だ。
こっちの世の中で後悔しまくりの高校生活だったため、もう1度高校に通いたいという願望が強すぎて、あっちの世の中で46歳にして高校に再再度通っているのだ。
あっちの世の中で高校に再度入学し、1度卒業したんだが、さらにもう1度入学している。
なので夢の中では、学生服だったり、校舎の中だったりする。
ただし時系列は現在、つまり2015年なのだ。
なので高校に通いながらも、こっちの世の中と同様2001年から2009年までは、用賀にあった会社にも勤めていたことになっている。

今朝は夢の中で、その会社の社長が出てきた。

社長・沖野純子は、こっちの世の中では2007年に急逝した。
64歳だった。
パワー・ハラスメントで数々の部下をノイローゼになるほど追い込み退職させた彼女の葬儀は、参列者も少なく、寂しいものだった。
プライベートの友人の参列者は、5人しかいなかった。
しかも我々には内緒で既に離婚しており、旦那の親族の参列もなかった。
とにかく、わがままで強引で自分勝手なワンマン社長だった。

当時の僕は、パワハラで責められている同僚を晩飯に連れて行き、慰め、あなたの味方ですよと励ます日々だった。
本来そういったことは、僕の上司である部長連中がすべきことなんだが、彼らは卑怯にも、見て見ぬふりだった。

時に僕は彼らの代弁をし、社長に食って掛かった事もあった。
社長に逆らう者など皆無だったので、社長は口をあんぐりとしていた。

しかし何故か、僕は社長に好かれていた。
忘年会などでは、必ず社長の指示で隣に座らされた。

今朝見た夢は、そんな社長が
「今日でこの会社も倒産よ!最後の給料をあげるから、皆いらっしゃい!」
とシャウトしているものだった。

この夢が無茶苦茶なのは、それが校舎の中だったのだ。
社長は、教室の机に座って言った。
「鎌田君、あなた内緒にしている事あるでしょ。全部言いなさい」

僕はよく、死んだ人の夢を見る。
残念ながら、浪はなかなか夢に現れないんだけれど、實おじさんも、旧父(キューパパ)も、あっちの世の中ではよく微笑んでいて、ほっとするんだった。
今朝の社長は、1匹生贄を食い終わった後のジャバ・ザ・ハットのように、満足気な顔をしていた。

僕は、他愛もない内緒事の1つを打ち明けたところで、こっちの世の中に戻った。

実は去年、社長の墓参りをした。
映画「鎌田浩宮 福島・相馬に行く」広島ロードショウを催した、広島駅から1駅の横川シネマから、なんと歩いて10分の寺に、社長のお墓があったのだ。

僕は墓石をたわしで洗い流しながら、
「誰も墓参りに来ないんでしょ?社長、皆に恨まれてたから仕方ないんですよ!僕は来ましたけどね」
と、声に出してお喋りした。
こっちの世の中では、社長は声を出すことができない。
むすっと黙ったまま、洗い流されていた。

言っておくが、こっちの世の中では、2度と高校生活なんぞやり直したくない。
46歳に教科書見せても眠くなるだけだ。
サラリーマン時代にも、戻りたくはない。

でも、僕は卒業という縁切り行為ができない性分なんだろう。
卒業から卒業しちまって、46年間の中での区切りのポストイットを貼るのをやめちまった。
「卒業」からの卒業。

昨晩も、クドカンのオールナイトニッポンを聴いてから寝た。

グループ魂、結成20周年だそうだ。
20年も経ったなんて、信じられない。
魂もうちらも、おっさんバンドだ。
カッコEぜ。





2015.05.13

1979年10月25日(木) ユー・メイ・ドリーム

文・鎌田浩宮

ロックの、
人間の、
すごさ。

 

僕は、それほど熱心な聴き手では、なかった。
ただ、YMOが全面的に参加した「真空パック」は、小学生の頃、夢中になって聴いた。

それから十数年経って、細野さんが再びプロデュースを手掛けた「@heart」も、素晴らしかった。
「MAKOTO IS MY LOVE (TOMORROW BEACH)」や、細野さんとの友情を歌った「OLDSMOBILE ROCK」、サイコーの曲がサイコーのアレンジで紡がれていた。
細野さん自身も、50年代やそれ以前の音楽に傾倒し始めていた頃で、誠のギターやドラムスのタムの音が、とってもいいんだ。
ただの「ピコピコ」じゃない、ビートルズ以前のロックの音。

ロケッツのファンの中には、細野さんのプロデュースは「ピコピコ」していて嫌だ、という人もいるだろう。
だけど、シーナと誠と細野さんの信頼と友情の揺るぎなさを感じられる、この2枚。

シーナが旅立った時の細野さんのラジオの完全採録を読むと、シーナと誠が東京に来た時、細野さんとマーコさんと4人で、契約の話もしたそうだ。
それほどに、古く、深い間柄だったんだ。


ああ、大好きな曲。「スイート・インスピレーション」

シーナ&ザ・ロケッツというバンドは、正統派のロックバンドであり、3コードであり、しかし時にはテクノポップ寄りになったり、阿久悠に全作詞を任せたアルバムもあるし、「スイート・インスピレーション」のような、あたかもモータウンのようにメロディアスな曲もあり、様々なものを貪欲に取り入れる事を、恐れないバンドでもある。

先日、BSフジで、『シーナ&ロケッツ 35th ANNIVERSARY”ROKKET RIDE TOUR@野音”2014.09.13』が、放送された。
もうメンバーは、シーナの事実を、知っていた頃だ。

誠がヴォーカルを取る曲が、多い。
シーナは、時々ステージに出てくる。
その時のシーナは満面の笑顔で、ぴょんぴょんと飛び跳ねてさえ、いる。

細野さんとの、友情。
そして、自身の代表曲としての、誇り。
アンコール前のラスト、この曲が演奏された。
俺が11歳の頃、1979年発表、「you may dream」

シーナはだいぶ前から喉を痛めていて、もう声は出ないのに、昔とキーを変えずに歌う。
半ば、声は出ていない。
なのに、どの声よりも、僕らのソウルを揺さぶってくる。
涙が、止まらなくなった。
シーナって、すげえな。
シーナ&ザ・ロケッツって、すげえな。
ロックって、すげえな。
音楽って、すげえな。
芸術家って、すげえな。
人間って、すげえな。
こんなに、すげえんだ。

死期を知り、その直前まで、燃えかすもないほど、燃え尽くす姿に、泣いたのだ。
俺は、そんな生き方が、できるだろうか?

敢えて、このライヴの動画は、ここに掲載しません。
耳を澄まして、みて下さい。
聴こえてくるでしょう?
シーナの、歌声が。

Sheena & the Rokketsが、聴こえる。

「サイコーのバンドよ。本当に、私の夢よ。皆、夢を持って頑張ってね、私みたいに。いつも夢を、忘れないでね」


2015.03.18