商品 著者 書名 版元 価格 品番
jacket1

本郷武夫

夜は庭が静かだね 一行読めればいい

港の人

2,100円(税・送料込)

B-MH-12

一行読むための庭とは何か。そのために一条の光は射し込むのか。力作詩編。

jacket1

江崎満

星吐く羅漢(限定特装本)

港の人

4,410円(税・送料込)

B-MH-11

石川県奥能登に腰を据える、破天荒な版画・陶芸作家の初のエッセイ集。布装による限定特装本。

jacket1

津田桂祐

場面

港の人

1,680円(税・送料込)

B-MH-10

言葉の実体を書くことによって、絶たれた回路・場面を復興させる、傑作詩集。

jacket1

姜信子

はじまれ 犀の角問わず語り

港の人

2,310円(税・送料込)

B-MH-09

「空白でつながる」ことから人間の生と死を見つめ、再生への道を問う渾身の祈りの文学。

jacket1

佐々木淑子

未生 MIU

港の人

1,890円(税・送料込)

B-MH-08

銀河、空、三浦半島、秋谷の里、豊かな自然からの贈り物、いのちの詩集。

jacket1

本間邦仁

スマホケース

ココトラ

B-KT-01

元松竹衣装係、渥美清さん=寅さんの衣装も担当した本間邦仁さん手作りの製品です。

jacket1

游学社・編

頼れる身近な弁護士2010

游学社

945円(税・送料込)

B-YG-02

編集部が総力取材、独自ルートで選び抜いた「全国の相談しやすい身近な弁護士」リストや、事例ごとのトラブル対処法など、役立つ情報を丁寧に取り上げました。

jacket1

三留理男

〈写真集〉3.11FUKUSHIMA 放射能汚染の555日

游学社

1,995円(税・送料込)

B-YG-08

土門拳賞受賞した国連IDを持つ報道カメラマンの三留理男氏が見つめ続けた3.11以降の放射能汚染の現場。

jacket1

游学社・編

ディプソル vol.01 多様性社会の再生

游学社

1,000円(税・送料込)

B-YG-06

ディプソルは、游学社の「社会を思考するシリーズ」としてスタートしました。記念すべき第一号は、「障がい」を持つ人たちにフォーカスしました。そこから見えてくるのは、社会のいろいろな縮図。矛盾も可能性も不協和音の魅力も…。

jacket1

原子力行政を問い直す宗教者の会

原発総被曝の危機 -いのちを守りたい-

游学社

1,365円(税・送料込)

B-YG-07

史上最悪の原発事故はどうして起きたのか! 12年前の東海村臨界事故の経験はなぜ生かされなかったのか――。 原発のあり方を問い続けた「原子力行政を問い直す宗教の会」が、今こそ原発のあり方を一人ひとりみずからに問い、いかに行動するかを提言した書で す。