面白いテレビドラマが、観たい。
かつて子供の頃に
「ムー」や「ムー一族」を観て
大笑いしてほろりとしてちょっと心躍らせたよな、
そんなヤツが、いいの。
イマドキの月9も恋愛ものも刑事ものもサスペンスも、
全然いらんの。
心にそっと染み渡る、滋養と栄養のいいのが、いいの。

「すいか」(日本テレビ・2003年)もよかった、
「タイガー&ドラゴン」(TBS・2005年)もよかった、
他にもいいドラマはあって、
人気や視聴率は良かったり悪かったりするんだろうけど、
去年、すんごくいいドラマに、出逢えたのだ。

TBSは長年に渡り昼の連ドラを放送し続けてきたのだが
「ひるおび!」という情報番組に改変したんですね。
ずっとその連ドラを制作してきた
TBS系列のMBS(毎日放送)は、
「それでもやっぱりドラマを創りたい!」
とゆーことで、遂に2009年、
深夜の時間帯に移動し
毎週30分の連ドラを放送したのだ。

その名も「深夜食堂」とゆー番組は、
松岡錠司など映画畑の監督を演出に揃え
製作も映画ばりに「深夜食堂」製作委員会
(アミューズ/MBS/ファミマ・ドット・コム/RKB/電通キャスティングアンドエンタテインメント)
を立ち上げ、共同出資するとゆー画期的さ。

『「ビッグコミックオリジナル」で好評連載中の漫画「深夜食堂」がいよいよ連続ドラマ化。営業時間は深夜0時から朝の7時頃までで、メニューは豚汁定食、ビール、酒、焼酎のみ。あとは、出来るものならなんでも作ってくれる、人呼んで「深夜食堂」。繁華街の片隅の、深夜しかやっていない小さなめしやで繰り広げられる、マスターと客たちの交流を描く。一見こわもて、独特の存在感をかもし出すマスター役は、ビールとうまいものが似合う名優・小林薫。
心の小腹を満たす、おかしくて、ホロリとして、癖になる物語。』
(MBS公式サイトより)

ひっさしぶりに、
毎週の深夜が楽しみになった。
視聴率は、それほど…らしかったけど
そんなの関係ねえ。
今や流行らない人情もののドラマを
皆に「いいよ!」と言いふらして回った。

そして数ヶ月、今年に入って、
半ばあきらめていた
念願のDVD化がかなった
っていうではないの!

とゆーことで、
エプスタでは、祝DVD化記念、
この「深夜食堂」を褒めちぎるとゆー特集をします。

第二十六話「ロールキャベツ」

文・鎌田浩宮

肌寒くなってきたある日、マスター(小林薫)はロールキャベツをあらかじめ多めに仕込んでいる。喜ぶ常連客たちだったが、新しくできた男、キミトシ(高橋周平)と店にきていたストリッパーのマリリン(安藤玉恵)だけは、「母親がロールキャベツを作る日は、男のところに出かける日だった」と気が乗らない。
その母、エリ(柴田理恵)が急に入院することになり、見舞うために福島の実家に戻るマリリン。しかし、エリの病状はたいしたことがなく、つきあっている男を紹介されるばかりか、「ダンサー」として患者仲間に紹介され、マリリンはショックをうける。
後日、マリリンの踊る新宿ニューアート前に、エリの姿が。エリには上手く伝えられなかった娘への思いがあり、ある優しい嘘をついていた。
(公式サイトより抜粋)

 

安藤玉恵
という
役者の
当たり役。

 

うちは子供の頃赤貧で、母は出来合いの物を買ってきて僕らに食べさせることはなかった。
手作りは、安く上がる。
何でも時間をかけて作ってくれた。
時々来る實おじさんさえ、「姉ちゃんの料理は美味いなあ」と、ニコニコして食べていた。

でも、ロールキャベツをお願いした時は、渋ったんだよねえ。
あれは面倒なのよ、と珍しく言った。

それだけ面倒な料理なんだから、マリリンの母ちゃん、それなりに罪悪感を持って作ったんだと思う。
まあ、それだけ悪いと思ってるんなら、男遊びをやめろってなもんだけど。
ろくでなしには、変わりはない。

「あまちゃん」でプチブレイクした?いや、それさえもなかったかも知れない安藤玉恵だけど、演技、素晴らしい。
柴田理恵を、完全に食っちゃっている。

失礼だけれど、ものすごい美女、というわけではない。
でも、決してブスでもない。
仕草や表情、あらゆるところから「あまちゃん」では観られなかった、憂いだとか、愛くるしさが、醸し出されている。

マリリンという役は、性格も含めて、「美女」ではない。
短気で自分勝手で我儘なところも、垣間見える。
でも、愛くるしい。
懸命に、生きている女性の役だ。

そういう女性を放っておく男は、なんと野暮な生き物だろう!

 

コミュニケーション
を、
求める
生き物。

 

僕の父も、女遊びがひどくって、家に金を入れず、家出を繰り返したりしていた。
僕が大人になると、今度は脳梗塞とアルツハイマーで、50代にして早くもボケ老人のようになった。
この男は、いつまで僕を苦しめるんだろう。
僕の生活を、脅かすんだろう。
経済的にも、精神的にも。
早く死んでくれればいいのに、と思うのは自然なことだったし、誰からもとやかく言われたくないし、言わせない。

父が亡くなった時、しかし僕は泣いた。
それは、寂しいから泣いたんじゃない。
父と、結局コミュニケーションが取れぬまま終わってしまったことが残念で、泣いたのだ。

人間というのは、コミュニケーションを求める生き物だ。
(もちろんそうでない人もいるし、それは全くおかしいことでもない)
友達、恋人、愛人、そして家族、それぞれに対して意思の疎通を図ろうとする。

大島渚が男同士の愛という「戦メリ」を撮り、そしてなんと次に人間とチンパンジーの恋愛を描いた「マックス・モン・アムール」を撮った時、彼は答えた。
僕は、結局コミュニケーションというものを撮りたいんだよ、と。

マリリンも、彼女の母も、ぶつかり合いながら、コミュニケーションを取ろうとする。
そんな母親、捨てちまえばいいのに。

でも、そんなマリリンが、羨ましい。
微笑ましい。
そして、愛くるしい。


2014.11.30

第二十五話「春雨サラダ」

文・鎌田浩宮

シングルマザーのミホ(辻香緒里)が、小学校の同級生であり親友のサユリ(粟田麗)を連れて店にやってくる。二人は小学校の同窓会の幹事をしていて、会では25年ぶりにタイムカプセルを掘り出すことになっている。マスター(小林薫)に春雨サラダを頼んだサユリ。ミホは小学校時代、春雨サラダが大好きで他人の分までもらっていたシガッチ(眞島秀和)のことを思い出すが、サユリが春雨サラダを好きな理由はまさにそのシガッチだった。
同窓会を機に再会した三人。掘り返されたタイムカプセルのように、明らかになるそれぞれの思い。ミホはサユリに独身のままでいたシガッチとつきあうことを薦めるのだが….
(公式サイトより抜粋)

 

恋愛
だけは、
法律が、
ない。

 

まあ、平凡って言っちまえば平凡な、三角関係の話。
でも、当人にとっては、生涯を決める大きな出来事で。

恋愛というのは、オソロしい。
略奪しようが昼顔しようが、罰せられない。
ましてや友情を裏切って男を獲るくらい、なんの罪にもならない。
この21世紀、チャリンコを酔っ払い運転しても2万円取られるのに、1円も取られないんだぜ。

これだけインモラル、道徳も倫理もへったくれもない世界。
俺なら、殺すね。
奪ったヤツを。
…、冗談ですけどね。

だって、25年も頼ってきた親友の好きな男に、惚れるかい?
親友というのは、尊敬、敬愛の対象でもあるもん。
その人が好きな男なら、最初っから恋愛の対象になんか、なんないよ。
友情というのは、カネにも替えられない、信頼だけで成り立っているものだからね。

と、持論ばかり押し付けても、なんなので。

僕の尊敬している親友が、僕の好きな女性を獲ってしまったら。
ああ、俺も好きなこの男なら、仕方ない、女性も惚れるだろうし、親友を赦せるんじゃないか。
ヒジョーにフィクショナルだけど、忌野清志郎が僕の好きな女性をさらって行ってしまっても、怒りの感情は起こらない。
キヨシローなら仕方ない、俺の365倍E男だもの。
それと同じで、僕の親友は人格者が多い、僕よりあらゆる面で遙かに優れているので、祝福できるんじゃないかな。

311以降、信頼していた友人の数人が、相互理解がなくなって、友情が終わった。
311で僕が失ったものは、彼らにとっては取るに足らないもので、僕の理解者ではなかった。
…、いや、僕の心は狭く、震災でさらに許容力が衰弱したのだろう。
それでいい、と思っている。
今、僕の周りにいる親友は、心から素晴らしいと思える人ばかりだから。

今回の主役のサユリも、信頼感が遂に途切れなかったんだね。
親友は、素晴らしい。
カネでは、買えない。


2014.11.26

第二十四話「紅しょうがの天ぷら」

文・鎌田浩宮

「すんません」
「おおきに、ありがとう」
の、人たち。

 

恋わずらいにかかった常連客の小道(宇野祥平)。その相手は店にときどき顔を見せるかすみ(谷村美月)だ。かすみは浪速娘であること以外、素性のわからない謎の女である。
ぞっこんな彼女に気に入られようと大阪名物を奢る小道だが、かすみはすげない対応。困った小道は、大阪から東京に進出してきたドラッグストアチェーンの社長、井出(荒谷清水)に助太刀を頼む。
二人と同席したかすみが天ぷらにしてほしいとマスター(小林薫)に頼んだのは、紅しょうがだった。紅しょうがの天ぷら、略して「紅天」。マスターも小道も知らなかったが、かすみと井出にとっては大阪で親しんだ庶民の味だった….
(公式サイトより抜粋)

 

恰好
つけない、
冷たく
ない。

 

僕は先日、自身の制作した映画「鎌田浩宮 福島・相馬に行く」の舞台挨拶で、2週間も大阪にいたんであった。
とにかく、食べ物が旨い。
お好み焼きもラーメンも旨いが、安くて旨くてしかも作り方が丁寧なのが、立ち食いうどんであった。

例えば、関東の立ち食いでカレーうどんを頼むと、いつもの汁に、店で出すカレーライス用のルウをかけて出してくる。
なんと、安直なんだろう。
これが不味くって不味くって、嗚呼、900円出してもええからまともなカレーうどんが食いたい、と嘆くんである。

これが関西の立ち食いだと、まず、小鍋に1人前のつゆを入れ温める。
そこに油揚げの刻みを入れ、茹でる。
店によっては、そこに玉ねぎの千切りや、ばら肉を入れてくれる。
そこに、カレー粉を入れる。
店によっては、カレー粉を溶いた液状のものを入れる。
そこにうどんを入れて完成、なんである。
これじゃあまるで、ちゃんとしたうどん屋と、作り方が一緒じゃないか。

僕は感激しまくりしまくら千代子で、何度も通っては違ううどんを頼んだ。
ハイカラうどん、昆布うどん、かすうどん。

で、たまには有名なうどん屋へ行こうと、とある人気店を訪れると、「とんがり君」という人気メニューがあり。
これが…初めて、口に合わなかったんである。
これは体がホカホカするようにと、しょうがの天ぷらに豚ばら肉、一味唐辛子が乗ったうどんなんだが、生まれて初めて食べたしょうがの天ぷらというのが、関東の僕にはどうにも駄目だったんである。

なんで、こんなもんを、天ぷらにしてしまうんだろう。
最初で最後、関西の人の味覚を疑った。
でも、深夜食堂の常連さんは、美味しいと言っておすそ分けを頬張っている。
僕はオカマの小寿々さん派。
もう2度と進んでは、口にしないぞ。

 

大阪も、
悩む。
東京も、
悩む。

 

こうして、関西に合う、合わない、がある訳だけれど、関西の人ってこの回に出てくる社長のような人ばかり、と思ってやしないだろうか?

20代の時アルバイトで一緒だった関西の青年は、暗かった。
必要以外喋らないし、手ピストルでバンと撃っても、絶対にボケてくれない様子だった。
関西だからって、悩む人もいれば、自殺する人だっているのだが、うっかりこういったステレオタイプの関西人しか浮かばない人、多くないかい?
どこのお店に行ったって、つまようじをくすねる客もいなけりゃ、同伴にご馳走をねだる人もいない。

大阪は難波のマルイと高島屋に、ヴィヴィアン・ウエストウッドの店舗が入っていたので、覗きに行った。
そこの販売のお兄さんとの話題は、「どこのお好み焼き屋がお勧めか?」だった。
ヴィヴィアンだからって、全然気取ってないんである。
そのお兄さんと一致したのは、東京の方が冷たい人、多いんじゃないか、ギスギスしてるんじゃないか、ってこと。
彼が東京へ行った時、道すがら傘がぶつかっても謝らずに通り過ぎて行くのは、びっくりしたと言う。
うんうん、東京じゃあ当たり前の風景だ。
大阪では、どんなお好み焼き屋でもうどん屋でもラーメン屋でも「すんません」と客が言いお勘定を済まし、店員が「おおきに!ありがとう」と言って見送るんである。

関西だって、関東だって、いろんな人が、いるんである。
自分が捨てた女の娘に惚れて口説く「阿呆」も「馬鹿」も、いるんである。
そんな悲劇が、カラッと揚がった天ぷらのようにさらりとしたドラマになるのは、大阪人の気取らない人情だからだろうか?
東京にはかつて「男はつらいよ」のような、江戸前の人情があったのに、どこへ行ったか、見失ってしまったね。

人情こそが、写メで紅しょうがの天ぷらを送り続させるのでしょう。

今回の主役を演じた谷村美月は、前シーズンまで対談をしていた倉田健次監督の「魔法使いのLesson」の主役でもあった。
関西弁が上手いのは、大阪出身なんだね。
演技が上手くなっていて、嬉しかったよ。

http://epstein-s.net/archives/3359


2014.11.15