要キャプション。

2005年2月25日(金) Sitting, Waiting, Wishing

文・弥生

はいみなさま。
ごぶさたしております。
弥生です。

3月は仕事に忙殺されて連日終電続き・・・。
既にそういう仕事の仕方を忘れていた私は、毎日のように
出勤前にオナカ痛くなってました。会社行きたくなくて。

運動会に出たくない小学生となんら変わりません。

さて。
そんなわけで、3月はヒットポイントなくなりかけて、
週末にかろうじてホイミをかけて細々と生き延びていた弥生ですが、
ようやく仕事もひと区切りついて復活の兆し。

続々とラインナップが発表され始めた夏フェスにも
目を向ける余裕が出てきたわけなのです。

去年は(個人的に)あまりにフジが心そそらずサマソニ一辺倒。

実は今年も、現時点ではソニックマニア(金曜)の参戦は決定なものの、
サマソニ、フジとも、まだグッと来るものがないのが現状なんですが、
その中で今回は、思い出の曲がある

JACK JONSON

について書こうかと。
・・・・まあ別に、夏フェスをテーマにする義務もないんですけどねw

実は、大変意外なことに、私、JACK JONSON好きなんです。

オーガニック系というか、サーフィン系というか。

普段からわりとピコピコした陽の当たらない音楽を好む私にとって、
意外っちゃー意外なので、音楽仲間にも「へえ~」と言われます。

でも、このテの曲って、ヒッピーカルチャーというか、
Phishとかデッドに通じるものがあるので、私の中ではそんなに意外じゃ
ないんスけどね。

よく「波の音は、胎児の頃に聞いた母親の心音に近いから落ち着く」
なんて言いますけど、JACK JONSONの音楽にも、そういうある種の
calmな効果があるのかなー なんて思ったりも。

私がニュージーランドに住んでいた2005年当時、
言葉の分からないテレビ番組ばかりの中で唯一癒しになっていたのが
MTVやスペシャなどの音楽番組。

NZは完全にUKカルチャーなので
音楽も基本UKチャートがベースになっていて、
2005年は、FRANZ、Gorillaz、Coldplay辺りが
チャートの常連だったんだけど、
その中に、USながらこの年に3枚目のアルバム
in between dreams」がブレイクした
JACK JONSONの「Sitting, Waiting, Wishing」が入っていて、
なんとも言えず「ええな~。。」と思ったのを覚えています。

あの時は毎日刺激的で楽しかったけど、無意識下には日本に対する
「ホームシック」的な感覚があったから、こういう音楽に感情を
揺さぶられたのかな~ なんて、今となっては懐かしく思ったりもします。

フジにJACK JONSON・・・。あ~、想像しただけでピッタリだ。

グリーンやホワイトみたいな大きいステージじゃなくて、
ヘブンとかオレンジみたいな小さなステージで
ぜひ聴きたいな~・・・って、絶対無理だけどねww

音楽って、その曲自体の魅力もさることながら、常に
「その当時の自分の記憶」
と連動しているから、過去の曲も聴かれ続けたりするんだよねー。

余談ですが、先日の新卒社員歓迎会では、私と同世代の部長が
とんねるずの「一気!」を歌って、まったくスルーされてましたがねww

そーいや今年の新卒者は、千代の富士が引退した年に生まれたんですって! 衝撃っ!!
私、あの時もうすでにイイ大人だった気がするんですけどww


2014.04.14

2013年11月6日(水) Shelter Song 

文・弥生

仕事がら(会社柄?)
この時期は、毎年いわゆる
「就活生」と呼ばれる若者達
を見かけることが多いです。

濃紺のリクルートスーツに身を包んで足並みそろえて移動するその姿は、
ハッキリ言って気持ち悪いわけですが、それはそれで人生の中で必要な
時間だったりするのかなーとも思ったり。社会っていうのは「右へならえ」
をやらなきゃいけない時期があるからね。

私の時代だと、「青田買い」なんて言って、
優秀な若者を就職活動解禁前に先行してGETする風習があったりもしたけど、
今はそういうことは問題になるからNGなのかしら?

しかーしっ!

私は久々に、「青田買い」したくなっちゃう期待の新人バンドに
出会いました。

TEMPLES(テンプルズ)

です。

昨年「シェルター・ソング」でデビューした、
ノエルなんかにも絶賛されているというUKのサイケデリックバンド。

なんてったって「サイケデリックバンド」ですよ!あーた。

昨今の音楽はカテゴライズの難しい、そしてアーティスト本人達も
「型にはめてほしくない」という凝った傾向のものが多い中、
もう、そうとしか言いようがないくらい直球の「サイケ」です。
一切の変化球なし!

…突然話が飛びますが、私はクライミングをやってまして、
クライミングの世界には、「フリーであることの美しさ」を追及する
人達がいるんですね。
最低限の道具で、とにかく自然を傷付けず、
よりナチュラルな状態の壁を美しく登りたい・・・。そんな感性。

基本的には「登れる」ことが評価される世界なわけですが、
ただ登れるだけでなく、その「スタイル」を追及する人たち。

ストライプス(ホワイト兄弟のほうの)が出てきた時も思ったんだけど、
このテンプルズにも、そういう

古いとか新しいとか、月並みだとか斬新だとか、そういう外野の声にとらわれず、フリー(あるがまま)な音楽を思った通りにやりたい

という強い想いを感じます。

昨年すでに初来日を果たしている彼ら。

私はすでにフジ&サマソニの2大夏フェスのいずれかに
ブッキングされるんではないかと目論んでいるので、
今からきっちり予習しておこうと思っております。

夏フェスの頃には、件のリクルートスーツの子たちも、
それぞれの個性が出てくるんですかねー。


2014.02.14

1987年12月24日(木) 交響曲第9番

文・鎌田浩宮

ヘイヘイ!
暗い時代が、
続いているぜ。

だから、
二重の虹の向こうから、
キヨシローが
やって来たぜ。

歓喜の歌さ。
二重の虹の向こうで
歓喜してるのさ。

キヨシローは、
ベートーベンを歌っても
すげえんだ。

腰をふれ、
事を起こせ、
座りこむくらいなら。

秘密保護法も
原発再稼働も
クソ喰らえ。

歓喜の歌を
クリスマスに
歌うんだ。

ヤツらよりも
高らかに
歓喜するんだぜ。

忌野清志郎は、
今でも
歌ってくれている。

だから、
寂しくなったら、
レコード針、
落とそう。

そうすれば
僕らをいつでも
慰め、
励ましてくれるさ。

エプスタインズ、これまでのキヨシロー関連記事です。

清志郎行きつけの店で献杯する

再び清志郎行きつけの店で献杯する

玉音ちゃんradio 第15回「忌野清志郎ロックン・ロール・ショー」

2009年5月2日(土) すべてはALRIGHT(YA BABY)

玉音ちゃんradio 第8回「仲井戸“CHABO”麗市特集」

玉音ちゃんradio 第13回「チャボの2012年」

玉音ちゃんradio 第14回「きよしちゃん」

玉音ちゃんradio 第18回「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」前編

玉音ちゃんradio 第19回「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」後編

玉音ちゃんradio 第20回「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」本編

矢野顕子、忌野清志郎を歌うツアー2013を観る


2013.12.24