映画「マラソン・マン」公式HP

 

 

爆走する、庶民。

マラソン・マン

出演
長山和夫 他

広告デザイン
松添安広

技術協力
タカツカアキオ

撮影・編集・音楽・監督
鎌田浩宮

 

 

 

 

2018年11月17日土曜
夜6時開場 6時30分開映
シネマハウス大塚にて
一夜限りの脱法ロードショウ

一般1800/大学1500/シニア1100/高中小1000/障がい者1000
どちらかが50歳以上なら夫婦で2200/障がい者介添えの方1000

問合せ先:エプスタインズ
info@epstein-s.net
☎ 090-5544-1181

なお、前売券の発売はありません。

東京都豊島区巣鴨4-7-4-101
折戸通り 都立文京高校正門前
☎ 03-5972-4130
JR山手線・大塚駅北口から徒歩7分
都電荒川線・巣鴨新田駅から徒歩3分

 

introduction

映画「福島・相馬に行く」2部作を監督したへっぽこヤロー・鎌田浩宮が、自身のバンド・舞天(ブーテン)結成10周年であるにもかかわらず、音楽活動を一時休止して製作したドキュメンタリー映画です。

ごくフツーの人々こそが、面白い。

一見平凡に見える市民ランナーを追って、2017年11月に撮影を開始。京都・浪花(千葉外房)・気仙沼ロケを経て、約10カ月をかけ完成。
様々な音声・映像を「リミックス」の技法で刻み、ナマイキにも、新たなドキュメンタリーを提示しちゃったりしております。

中年と呼ばれる時期を越えつつある名もなき市井の人が、どのようにすれば豊かに生きていけるのか、法外に酒をあおりつつ、フントードリョクする姿。
また、庶民の意見や考えが全く反映されなくなったファッキン安倍政権の現在、彼が懸命に社会へ関わろうとする姿は、私たち庶民同士にフィードバックされ、大切な事を気づかせてくれますど。

どんなに世界が息苦しくなっても、自由に歩み、生活していけないはずが、ない。そんな事を、笑いながら思い出せる映画です。


2018.09.09