受賞の声 第2回エプスタ随筆大賞

編集・鎌田浩宮

ブログのくせに長めの事業でこざかしい
エプスタインズ創刊11周年記念特別事業
「第2回エプスタ随筆大賞」
スズキスキーが提案した
9つのテーマから選び
随筆を、書く。


プーチンのど阿呆が
開戦しやがったせいで
記事掲載が遅れちまったぜ。


それでは、大賞・個人賞
受賞者の声をお届けします。

大賞受賞者には
福島県相馬市の新米コシヒカリ25㎏と

新酒(夢そうま純米吟醸と麦焼酎)各1本
個人賞には

相馬の新米コシヒカリ5㎏を
お贈りしましたよ。


ご応募下さった皆様
誠にありがとうございました。

第2回エプスタ随筆大賞
大賞
師走の地下鉄で、
著者・表参道が、好き

テーマ・悲鳴学

個人賞 アガタシネマさんより
2時間35分
鎌田浩宮

テーマ・ 始めるのに遅すぎることなんかない・
遅すぎるのに始めることなんかない

個人賞 miyako/Tamasudareさんより
胡桃割られ人形
著者・名無シー
テーマ・ 胡桃割られ人形

審査員(五十音順)
アガタシネマ
miyako/Tamasudare

大賞
表参道が、好き

大賞と聞いた時も仕事で電車に乗っていて、びっくりして、小さな声が出てしまいました。
忙しい中審査して下さった審査員の方、読んで下さった方、投稿の機会を与えて下さった鎌田さん、ありがとうございます。

そして賞品もいただきました。とっても嬉しいです。ハイティーンが2人いる我が家にとってお米ほどありがたいものはないです。また焼酎とお酒は大切な人と一緒にいただき、話が弾みました。呑みやすいっ!

世界は悲しい戦争となかなか終わらないパンデミックの中にあります。どんな世の中でも、ひとりひとりの生活があり、だれかがだれかを思っています。大きな流れの中でも小さなひとつひとつに思いを馳せて、自分の生活も積み上げていくことで、軸をとりたいなと考えている近頃です。

随筆は生活の中にあったり、人生の中にあるのかなと感じています。太陽を見ては元気になって、旬の食材をみてはニコニコし、電車の中の人を見ては想像し、きっと私はこれからも、ちまちまちまちま暮らしていくんだろうなと思いながら東京マラソンをTVで見ています。楽しい毎日を! 今回はありがとうございました♫

アガタシネマからの個人賞
鎌田浩宮

第1回随筆大賞では、三軒茶屋のクラウドファンディングですったもんだで死ぬかと思ったという内容で、2作応募したんです。
それが舌の根も乾かぬうちに、第2回では三軒茶屋で豆腐や酒や野菜を買ったりするのに2時間35分かかるという随筆や、未婚独身の初老が結婚披露宴を妄想する随筆ですよ。死ぬかと思ったら、もう三茶の買い物に夢中。馬鹿ですね。このような人物を、決して信用してはいけません。この随筆大賞は、愚かな人物をマークする機能を有しております。

あと、これは裏テーマというほどのもんじゃないんだけど、コロナがひと段落して数年後、ここに集まった随筆を読み返すと、いいんじゃないかなあ。当時の庶民は、市井の人々は、何を感じながら生活していたか…それらが作為なく、意図せず刻まれているんだもの。

相馬の米と酒と麦焼酎、放射線量はもちろんゼロです。風評なんぞに惑わされず、皆が快く受け取ってくれてよかったです。すんごく旨かったので、追加注文するつもりです。
あと、先日相馬の魚も購入、前日獲れたのをクール便で送ってもらって食べました。ジンセーの中で、最もぜいたくをした気分になれましたぞ。

miyako/Tamasudareからの個人賞
名無シー

正直驚きました。

今回投稿させて頂きました随筆もどきは、一般の読者諸氏のことは何も考えていなかったので、社会規範が 内部で 壊れたような人にしか伝わらないのではないか、とは言え壊れている人は別の琴線を堅持していることが多いので、誰もこれに呼応する人はなかろうと思っていたのです。

しかし玉簾さんは、ポイントを抑えて読んで下さった。
随筆もどきくんもこの世に産み落とされて良かったと涙を流していると思います。

これからも誰にも読まれないものを、人知れずヴィヴィアン・マイヤーの様に作り続けて、人知れず死んでゆきたいと思います。

そう決意する勇気を下さった玉簾さんに深く感謝申し上げます。

また、賞品の相馬産コシヒカリ5kgは、まさにその作品のフォーマットに適していると感じ始めております。

米一粒一粒に、私の命と同じくらい極細の面相筆で何十文字も文字をしたため、すべての米に作品を書き終えた暁には、それを、皆さん、食ってください。

読まなくてもいいので、食ってください。



募集・第2回エプスタ随筆大賞
審査員発表
応募作品#1 胡桃割られ人形 名無シー
応募作品#2 想像披露宴 鎌田浩宮
応募作品#3 犬にとってリードとは何なのか 名無シー
応募作品#4 2時間35分 鎌田浩宮
応募作品#5 「犬にとってリードとは何なのか」の変奏 名無シー
応募作品#6 師走の地下鉄で、 表参道が、好き
応募作品#7 連れ立って歩く もげお
応募作品#8 休業支援金、あるいは酸っぱい葡萄 加藤匡通
応募作品#9 現場に来てまで本なんか読んでる馬鹿がいるか! 加藤匡通
賞品発表
大賞決定
受賞の声

エプスタインズ創刊11周年記念特別事業
第2回エプスタ随筆大賞
応募締切:締め切りましたよ~
ジャンル:随筆
形式:文字、点字
枚数:制限なし
賞品:福島県相馬市の新米及び新米酒と麦焼酎
審査員:アガタシネマ miyako/Tamasudare
発表:2022年2月24日
応募先:hironomiya.kamada☆gmail.com ☆を@に変換して送信して下さい
郵送は〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋2-20-13-410 鎌田浩宮まで

2022.03.07