要キャプション。

続々々々々々々々々々・無縁坂の尋ね人

文・M.Nさん/hirokophoneさん
構成・鎌田浩宮

人探しもする、
エプスタインズ。

城南学習指導協会及び
北部進学セミナーの
国語塾講師
船橋(ふなはし)俊一
を探す。
連載、
10回目。

以下、
その道程。

無縁坂の尋ね人

続・無縁坂の尋ね人

続々・無縁坂の尋ね人

続々々・無縁坂の尋ね人

続々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々々々々々・無縁坂の尋ね人

もはや、船橋先生を知らない人までもがこの連載を読み、未だ会ったことのないこの先生に魅かれていく。
善良な人間では、ない。
極悪非道でも、ない。
語る人間により、フナセンの側面は、万華鏡の如く移ろう。

そして2018年の始め、新たな情報提供者・ケンさんが現れた。
彼の投稿を受けて、連載第7回から親子で投稿してくれたM.Nさんからの投稿である。
そしてその後に続くは、いっとうはじめにこの連載に投稿してくれたhirokophoneさんからの、新たな投稿だ。

 

 

28年前ですと、私が11才ぐらい、兄が15才くらい、もしかしたら被ってた可能性がありますね。

太めの渡辺先生、
巨漢の三枝先生、
メガネの福永先生、
寝ぼけがおの志村先生、
渡辺先生の彼女の砂川?先生

一人思い出しました。
女性で横田先生って方が居た気がします。
可愛らしい方だった記憶がありますね。

余談ですが土曜日に実家に帰るため、北進の前をいつも通り、車で通ります。

この前通ったら、改装後?のパーティーみたいのをやってました。

当時の写真があればと思うのですが全く見当たらず、北進旅行時の写真、動画は三枝先生がたくさん撮ってましたが、写真を頂いた記憶もなく。。。

M.Nより

 

 

またしても新情報ですね、これも全て鎌田さんのおかげです、本当にありがとうございます。

以前もお伝えしたかもしれませんが、北部進学セミナーは母体があって(ローマ字3文字の社名でした、名刺をもらったのですがどこかにしまってしまったようで見つからないんですよ)もう一人の相方とともに立ち上げたと聞いていました。

なので、ケンさんがおっしゃっているオーナーというのはこの社長のことかと思います。

当時先生と手紙のやり取りをしていて、それを先ほど引っ張り出して見返してみたら

『今月、16〜18日、香港に滞在します。18日昼過ぎに台北に立ちます。社長のお供です。』

と書いてありました。北進を立ち上げる前後の時期だったと記憶しています。
香港、台湾に出向く用って一体なんでしょうね。

ちなみにこの香港行きの時に私の父と夜現地で会って飲んでるんです。
(父がちょうど単身赴任で香港にいたのです)
できるだけたくさんの人と出会いたいみたいなことを言ってて、私の父が香港にいることを知って是非この機会にご挨拶したいとアポ組んであってるんですよね。
でも父にのちに聞いても仕事の話とかではなく、私の受験期やその後の話などをいろいろしてくれて楽しかったとのことでした。
カラオケまで行って盛り上がったみたいですから。
お供の社長は同席してなかったとのことですから香港台湾遠征は昼間の用事だったのかもですね。

この頃先生はコムデギャルソンの服にハマってお洒落に目覚めていたのでした(笑)
先ほど手紙の束を見返していたら先生がコピーしてくれたコムデギャルソンのことを書いた記事も一緒に出てきました。

ちなみに別の手紙には小学校3年生の双子の姉妹が可愛いと書いてありました、ケンさん知ってらっしゃるかしら!

私の母が北進で事務パートをしていたのですが、そう言えばある時なんとも言えない感じで辞めることになったんです。

遠回しに辞めさせられたような、なんだかはっきりしない感じでの退職で、(無理に退職に追いやられたとかそういうのではないのですが)母も辞めさせられた理由がわからないけど、なんだろうねぇみたいな感じでした。

今思えば、会社的にいろいろと厳しくなりだした頃だったのかもしれません。

それに当時、先生まだ40歳なんですよね、考えてみれば若いですよね〜。

なんだかいろいろ書いてしまいすみません!

hirokophoneより


2018.01.14

続々々々々々々々々・無縁坂の尋ね人

文・ケンさん
構成・鎌田浩宮

人探しもする、
エプスタインズ。

城南学習指導協会及び
北部進学セミナーの
国語塾講師
船橋(ふなはし)俊一
を探す。
連載、
9回目。

以下、
その道程。

無縁坂の尋ね人

続・無縁坂の尋ね人

続々・無縁坂の尋ね人

続々々・無縁坂の尋ね人

続々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々々・無縁坂の尋ね人

続々々々々々々々・無縁坂の尋ね人

もはや、船橋先生を知らない人までもがこの連載を読み、未だ会ったことのないこの先生に魅かれていく。
善良な人間では、ない。
極悪非道でも、ない。
語る人間により、フナセンの側面は変化していく。

そして2018年の始め、新たな情報提供者が現れた。
以下、ケンさんからの投稿である。

 

 

はじめまして、
私、28年ほど前に中学時代3年間北部進学に兄弟姉妹で通っていたものです。
私も北進の夢を見て、調べたらこちらにたどり着き、皆さんの思い出を懐かしく拝見していました。

北進の経営母体?について、
気になることを思い出しメール致しました。

当時、月に1、2回、オーナー?(呼び方は違うかも)と呼ばれていたちょっと堅気ではないような雰囲気の方が、塾内事務所にいらしていたことを思い出しました。
大抵、最終コマが終わった遅い時間にオーナーがいらした時は塾生は事務所から追い出されていた気がします。
ヤクザまではいかないのですが、塾講師風ではない雰囲気でちょっと近寄り難かった思いがあります。
更に北進と同じビル1階の角にある、梶ヶ谷には不似合いなクラブ風なスナックの経営にもその方が関わっていたような話をメガネの若い先生から聞いた思いがあります。三枝先生やもうひとりの太い方ではなくスマートなメガネ先生でした。

曖昧な記憶ですいませんが、どなたか追加情報フォローアップ頂ければ幸いです。


2018.01.11

弐千拾八年乃御挨拶似候

よく「そんなに日本を批判するんなら、国外に出て行けよ」という事を言う人がいる。
ただね、僕、自分の家がある三軒茶屋、好きなんだよなあ。
あ、沖縄も好きだった。
そうそう、奄美大島も、小諸も好きだった。
新世界やジャンジャン横丁も、たまらないのだった。
相馬とは、縁が深くなった。
名古屋めしや香川のうどんも、欠かせないのだった。
そもそも、寅さんが「日本はいい国だ」なんて言わない。
好きな人がいて、好きな街があり、それらが集積しているわけなのだ。
それ以上でも、それ以下でも、ない。

日本には、大好きな所、一杯ある。
一方、こうしたらええのに、な事も一杯ある。
こうしたら、もっとよくなるのに、なのだ。
三軒茶屋ひとつ取っても、好きなところと、こうしたらええのに、なところがある。
そういった「建設的な意見」を面倒がって、違う意見の人を排除しようというのは、いかんです。

パックンマックンのパックンが新聞かテレビで言ってて、すんごくうなずいた。
「日本ほど治安のいい国はあまりない。これはすごい事。だって、警備員が弱そう!」
そうなんである。
街で見かける警備員さん、お爺ちゃんだったりするもの。
これ、いい国に違いないぞ。
これ、憧れちまうぞ。

今、世界中が右傾化してきて、欧米では移民排除がすごい事になっている。
日本が嫌になって移住するなんていうのは、もはや昔の話になりつつある。
ましてや日本語は、文字も文法も欧米と異なるから、相当に苦労する。
アルファベットを使い、文法も同じな欧米同士で移住するのとは、訳が違う。
海外じゃあ、ウォシュレットも、丁寧すぎる電車のアナウンスもねえんだしな。

僕は、好きな所に住み、思った事を言う。
美味しい物を食べ、親友と酒を舐め、旅をする。

沖縄の普天間にある小学校や保育園へ「そんなに基地が嫌なら移転しろ」と、電話やメールを(おそらく匿名で)している人達の中には、真面目に懸命に考え、そうした行動をしている人もいるのだろう。
僕も、思った事を言う側の奴だから思うんだが、相手が言い返せないような、一方的に言いたい事だけを言って後はシャットダウンしちまうなんていうのは「建設的」じゃない。
そういった人達が愛国心を名乗るのなら「建設的」に意見を交え、高めあった方が面白いぜ。
それが、いい国を作るって事なんじゃないか。
一方的にやっちまうっていうのは、マスターベーションだって馬鹿にされても、仕方がないぜ。

庶民同士が戦って、傷を負わせ合っている間に、エラい奴等は、上から覗いてほくそ笑んでいるんだしな。

 

 

エプスタインズ非代表取締役社長・鎌田浩宮
(俺、CEOとかって言い方、嫌いなんだ)
三軒茶屋の超高層ビル内社屋にて


2018.01.01