要キャプション。

2009年2月11日(水) 地上の星

文・弥生

化粧室、電車内、カフェなどで、
20代位の女の子達が
ワイワイと友達のうわさや
恋バナに花を咲かせる姿
を見ていると、

「楽しそうだな~」とか
「あの頃の戻りたいな~」

とかではなく、

「大変そうだな~」

と思ってしまう自分が、
最近いたりする。

あの頃って、ムチャクチャ自尊心が強いクセに
周りとの調和も考えてみたりもして、
周囲の人の様々な価値観に触れるたびに、
「これでいいのか?」みたいな妙な不安とか、
「私の生き方のほうが素敵だし!」みたいな対抗心が出てきたりして、
すっげー疲れたんだよね(私だけ?ww)。

でも今(YES! JUST40!)って、

自分と、
自分が好きな人達 がシアワセである。

以外のことは、別に大事じゃないので
(本当に、心からそれしか考えてないw)
いつ何時も、何かを迫られた時の選択基準がはっきりしてるし、
中途半端にしがらみを感じる事もないし、
離れてもイイ人、嫌われてもイイ人であれば、
関係が悪化しても、その人から不当な評価を受けても全然気にならない。

だって私もその人、キライだもん。大抵w

でも、この年齢でコレを声を大にして言うと、
「年取って図太くなってるだけじゃん」
「羞恥心がなくなってるだけでは?」 って言われるから、いわんけどねw

・・・とマア、そんなことをユルユルと考えていた時に、
TVに「大事MANブラザーズバンド」の人が出てた。

大事MAN! 懐かしい! 元祖一発屋!w

でもこの人(名前忘れた)の話がかなり面白くて、
要は、

大事MANが「それが大事」がバカ売れして周囲が激変
↓↓
2作目を強く期待されたものの、次のヒットが全然生まれない
↓↓
翻弄されまくって、本人が作曲において
もはや「何が大事」なのかわかんなくなってしまったw
↓↓

結果、出した結論が、

「オリジナル曲は作らない」。

つまり、自分が昔好きだったアーティストのカバーを
やってる時は最高に楽しいので、一旦原点に戻り、
その「楽しい」という自分の気持ちに、しばらくは素直に従おう

と、そういうワケです。

……い~や~。

なんかイイ話じゃない? 笑い話として話してたけど、
絶対本人は超苦悩したはずだし、結構示唆に富んだ話だなと思って、
楽しく聞いていました。

と、そんなわけで今回は、さすがに「大事MAN」の事は
文章書くほど思い出がないのでw、「カバー曲」に関して(前フリ長っ!)

私の友人で、
「カバー曲をipodに集めて“誰が歌ってるかクイズ”を渋滞中の車でやる」
っつー特技を持ってるヤツがいて、それが渋滞を忘れさせてくれる
素晴らしいアイテムなんだけど、その中にあった1曲が、
最近はお相撲でおなじみ、デーモン閣下が歌う、
中島みゆきの「地上の星」

デーモン閣下って、あのメイクと年齢wで「色モノ」の部類に
入れられがちだけど、ロックとしての歌唱力がしっかりある人なのよね。
・・って改めてカバーを聴いて感心。

あとは、私の中の永遠のヒーロー、奥田民生のくるり「バラの花」のカバー。
も~なんとも言えないユル~イ空気が漂うんだよねー。
おやつタイムとかに聴くと、ホント眠くなるw
そーいや民生さん、RCの「スローバラード」もカバーしてたよね。

どんな歌をカバーしても、必ず「民生風」になるんだけど、
どんな時も原曲へのリスペクトが感じられるあたり、さすが私のヒーローw

今の社会って個性だー、オリジナリティだー って言われがちだけど、
音楽でもスポーツでも、「人を真似る」っていうのは上達の原点だし、
たまには肩の力を抜いて、カバーに身をゆだねるっていうのも、
心安らかになるかもですヨ(今回音楽の話があんまなくてスンマセンww)。

僕も、
絶対20代とか、
戻りたくないです。
絶対、しんどいですよね。
あの時、
買ってでもした苦労、
もー、したくない。

唯一、
高校時代には戻ってみたい
と思ったことがあったんですが
(毎日悪友とナンパとかしまくって、フラれまくったりして、
当時とまるで違う軟派な高校生、してみたいという欲求からです)
いやあ、勉強とか絶対面倒臭くって
もう死んでも教科書とか読みたくない
心の老眼は向学心をもむしばんでおり
これもパスです。

と、
今回もひとしきり
共感させてもらいまして。

早く来い来い60代。

(鎌田浩宮)


2015.02.23

1985年12月24日(火) きよしこの夜

文・鎌田浩宮

ヘイ!
キヨシロー!
教授!

この前、ゴスペルコンサートを観に、教会へ行ったぜ。
ゴスペルは、大好きさ。
でも、神を讃えるのは、苦手だぜ。
宗教は対立を生み、紛争や戦争で、世の中は殺し合ってるのさ。

そんな時、キヨシローと教授の、この歌を久しぶりに聴いたのさ。
サイコー。

ヘイ!
キヨシロー!
教授!

2人が黙っている間に選挙があって、アベノミクスは信任を得たって大喜びしてやがるぜ。
でもよお、そろそろ本当のことを言うヤツが、出てきていいんじゃないか?

アベノミクスなんて、嘘っぱちだ。
買いたい物がなけりゃあ、物は売れないに決まってる。
もう、この世は物で溢れてる。
飽和してるんだ。

ヨーロッパを、アメリカを、見てみようよ。
どこの国だって、先進国はもう、これ以上経済が成長していかないのは、一緒なのさ。
それが、資本主義社会の宿命なのさ。

じゃあ、どうすればいいのかって?
考え方を変えればいいのさ。

全ての人が宝くじに当たったかのように、大金持ちにはなれねえ。
シャンパンを毎日、好きなだけ浴びるバブル経済のような未来なんて、ねえんだ。
それに、アベノミクスなんてもんは、一部の富裕層にしかシャンパンは配布されない。
失業者数が減ったって?
非正規雇用が増えただけで、正規雇用は増えてないんだぜ。

でも、世の中の喜びや楽しみや豊かさっていうヤツは、カネだけじゃねえことに、今すぐ気づくべきだぜ。
俺なんざ、今まで生きてきた46年、金持ちになんぞなったことぁねえが、楽しさや豊かさを、掴み取ることは出来たぜ。
日曜日には、ビールを仲間と酌み交わしながら、野球やサッカーを観る。
今や、マー君も本田も、世界超一流なのさ。
そして時には、好きなだけ大音量で、キヨシローや教授の音楽を聴く。
キヨシローも教授も唯一無二、世界超一流さ。

米軍との集団的自衛権を中止すれば、この国は報復テロとも無縁のままでいられる。
子供も年寄りも、好きなだけ公園でくつろぎ遊べるんだ。
子供が全員保育園に行けるようになり、ビンボー人でも医療や教育や福祉を受けることができ、年寄りが十分な年金を受け取れるようにする。
未だ狭い仮設住宅に避難している被災者のために、家を建てよう。
この国の軍事費を削りゃあ、すぐにできることさ。
軍事費なんてなくたって、この国は70年間も、外交だけで周辺国と仲良くやって来たんだ。
オスプレイを増やす代わりに、頭をフル回転させて、昔のように仲直りするんだ。
戦略的互恵関係を、中国も韓国も、本当は望んでるんだぜ。

年がら年中シャンパンでなくたって、ハートランドのビールで充分さ。
オリオンだって旨い。
純米吟醸や古酒だっていいもんさ。
キヨシローはビンボーから脱出した後も、シャンパンより、いい音の出るギターを買ったものさ。
そういうカネの使い方を、していこうよ。

経済成長より大切なものを、成長させようぜ。


2014.12.24

2004年4月20日(火) Take me out

文・弥生

盛り下がっているんである。

今年の夏はどーにもフェスがピンと来ない。
アサインされているアーティストの問題なのか、
はたまた私の加齢の問題なのか・・・w

それでも、フェスのアーティストが決まってくると、
ラジオからもそのアーティストの曲が
なんとなく多めに流れるようになるので、
なんとなくその気になったり、
なんとなく夏に想いをはせたりするわけです。

そんな中、今回は意外にも取り上げたことのなかったバンド、

Franz Ferdinand
(フランツ・フェルディナンド)

です。

イギリスで2001年に結成された4人組バンド。
結成後かなり早い段階でブレイクしたので、
玄人筋には賛否両論あるバンドでもありますよね。

私はニュージーランドに住んでいた2005年、
いわゆるオセアニアの夏フェスである
「BIG DAY OUT」というフェスで彼らを初めて観ました。
その前から、MTV的な音楽系番組では
これでもかってくらいヘビロテされていて、
「(金にならないので)主要なバンドがほとんど来ないBDO」とは言え、
フランツのいきなりのヘッドライナー級の扱いにビックリした記憶があります。

ただ、ライブを観て改めて思ったのは「コリャ売れるわー」と。

比較的整ったメンバーのビジュアル(シツコク残るゲイ疑惑もありますが)、
レトロでありながら非常にポップで分かりやすいメロディ、
派手ではないものの、起承転結を付けて確実にライブを盛り上げる演出などなど・・・・・・売れる要素がそろっているという点で、COLDPLAYとかその辺りに近い気が個人的にはします。

事実私自身、強い思い入れはないものの、フェスに出ていてれば
絶対に外さないバンドですね。なんせ、ブレイクのきっかけのなった
「Take me out」あたりだと、曲を知らなくても誰と観ても歌って踊れますからねー。

私は山や落語が趣味ですが、「山登りをやってみたい」「落語を体験してみたい」という友人がいると、山なら川苔山、落語家なら志の輔、みたいにある程度紹介するものが決まっています。

それは、最初に触れるモノによってそれを好きになるか嫌いになるかの命運が分かれるから。
自分の一番好きなものを薦めるのは簡単だけど、非常に個性的なケースもある。
その噺家を見て、「落語ってツマンナイ」って思われるの癪じゃないですかー。
ツマラナイのは「落語」ではなく、「その噺家」ってだけなのに。

・・・と、そういう意味でいうと、「洋楽ってどんなの聴けばいいの?」
という友人がもしいたとしたら、Franz Ferdinandはまっさきにおすすめするバンドかもしれませんね。

まーそんな質問する人いないけどw

ちなみに以前にも書いたんですが、私はフランツと言えば「牛フン」。
フジのグリーンステージで、雨上がりの会場をフランツで縦ノリした
大量オーディエンスが“耕し”た結果、強烈に漂ったあの牛フンのようなにおいは忘れられません。

今でも牧場の近くを通ると、フランツのライブで汗だくになった
あの夜を思い出します。

・・・・あ~ 甘酸っぱい想い出w


2014.06.18