再履修 とっても恥ずかしゼミナール

seminar

【著者】
万田邦敏

【出版社】
港の人

【定価】
2,835円(税・送料込)

【解説】
映画監督が贈る、ユーモアあふれる映画の入門書。
2008年公開の映画「接吻」(小池栄子主演)で話題をさらった、鬼才・万田邦敏(映画監督)の初映画批評集。盟友・黒沢清(映画監督)と共に蓮實重彦(映画批評家)のもとで映画を学んだ著者による、とってもとっても恥ずかしい映画の授業(ゼミナール)が、ついに開講する!

【ご注文】
下記フォームにご記入の上”送信”して下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号

ご住所 (必須)

電話番号 (宅配便利用のため必須)

ご意見・ご要望

2010.07.14