〈写真集〉3.11FUKUSHIMA 放射能汚染の555日

【著者】
三留理男

【出版社】
游学社

【定価】
1,995円(税・送料込)

【解説】
第一回土門拳賞受賞者の著者が見つめ続けた3.11以降の放射能汚染の現場。
安全宣言から一転の全村避難に翻弄された飯舘村の一年。
残留を決意し、今も牛や馬とともに生活している人。
強制的に処分された仔牛たち。
もぐ人のいなくなった柿の木。
事故後に急増した、第一原発裏地一帯の放射能汚染物質のドラム缶。
脱原発後の新エネルギーの現場、官邸前や代々木公園、大飯原発の現場も。
常に、言葉よりまず、現場を歩き、シャッターを切ることを信条としてきた
三留氏が撮り続けた「放射能汚染の現場」の風景。

【ご注文】
下記フォームにご記入の上”送信”して下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号

ご住所 (必須)

電話番号 (宅配便利用のため必須)

ご意見・ご要望

2010.08.02